女性の活躍について

女性の活躍について

famale success

女性の活躍について|荒川産業グループ
— 仕事の内容を聞かせてください
お得意様を中心に営業をしていますが、事務所で人が足りない場合は事務の仕事も手伝います。また、小学生向けの社会科見学などの案内係も務めています。営業職と聞くと大変と思われますが、同僚と協力して、効率よく取り組んでいます。
— 女性の活躍やワーク・ライフ・バランスについて取り組んでいる内容や良かったこと、課題を教えてください。

「成長確認シート」を使用してキャリアプランを設定し、事業部長面談を実施しています。また、性別にとらわれない昇進、昇格や研修などを実施しており、現在は女性の工場長や執行役員もいます。

より女性の発言力が増えて活発になったと思います。昨年は業務に役立つテーマを決めて、女子会を開催しました。例えば、美容師を講師に招いてメイクの講習会を実施しましたが、これはお客様に少しでも良いイメージを持っていただこうと考えたものです。課題としては、制度などの情報を確実に届けることです。当社では子どもの看護休暇も就業規則に記載していますが、社員に浸透するには時間が掛かりました。

女性の活躍について|荒川産業グループ
— 女性の視点を生かした取り組みはありますか。
当社では改善提案制度があり、女性の視点を生かした提案が多いです。例えば、女性も作業着を着ていますが、受け付けなどでは少し雰囲気が暗いとの意見がありました。そこで改善提案制度を活用して女性らしい作業着の提案が採用され、見た目も明るくなりました。
— 行政に対してどのような支援を求めますか。
具体的にどのような取り組みが必要か、他社ではどのような取り組みをしているか、情報共有の場があれば良いと思います。自分の会社だけ見ていると、これが当たり前と感じてしまうので、第三者の意見をもらえるような機会があれば良いと思います。
女性の活躍について|荒川産業グループ
— 今後の抱負について教えてください。

男性・女性ともに仕事と生活を大切にして、この会社で働いて良かったと言ってもらえる会社にしたいと考えています。

営業は男性というイメージが強いですが、女性だからこそ話しやすい側面もあります。女性ならではの親しみやすを生かした仕事を心掛けたいです。そして、この経験を皆さんにも伝えていくことが大切だと思っています。

以下、喜多方市より取材頂き「広報きたかた(No.142)」に掲載されています。

タイトルとURLをコピーしました